飲食店の利益率

安定した飲食店経営に必要な利益率とは?今日から対策できる利益率の上げ方についても紹介

3年で70%が廃業すると言われている飲食店。

「明日は我が身」とならないためにも、適切な利益率が必要です。

安定した飲食店経営のために必要な利益率の目安は10%~15%ですが、あなたのお店は上回っていますか?それとも下回っていますか?

もし、10%~15%を下回っている場合は早急に改善する必要があります

改善には「売上げアップ」と「経費の見直し」の2つがありますが、すぐに対策できるのは経費の見直しです。

利益率アップに効果的な経費の見直し

すぐに対策できるのは次の3つ。

  • 材料費を見直す
  • 食材ロスを抑える
  • 人件費を削減する

これらを上手に見直すことで、比較的簡単に利益率を上げることが可能です。

とは言っても、やみくもに経費を下げればいいわけではなく、ムダな部分を見直しするということです。

例えば食材ロスの場合であれば、

今までの経験やこれくらい売れるだろうと、なんとなく感覚で発注していないかということです。

経験に頼ることは悪いことではありませんが、曜日や天気や気温によって売れるものが変化することはよくあります。

1週間前のことは記憶できても、「1ヶ月前の木曜日がどんな天気で気温が何度でどんなメニューがよく売れた」かを記憶できている人はほぼいないでしょう。

なので、経験ではなく、データを蓄積してムダな部分を見直すことが重要です。

食材ロスだけでなく、材料費や人件費の見直しについても同様のことが言えます。

つまり、日々の情報をデータ化して分析すれば利益率を上げられるということです。

とはいえ、日々の情報をデータ化して分析するのは大変

日々の情報をデータ化するのが重要とはいえ、様々なデータを導きだすのは時間と労力がかかってしまうのも事実です。

データ分析に精通している人材が必要になりますし、かなりの負担になるため、特に個人経営のお店だと自力でデータ管理するのは不可能に近いと言われています。

「うちは個人経営だから諦めるしかないのかな…」

いえ、大丈夫です!
これから紹介する方法を使えば、誰でも簡単にデータ分析ができるようになります。

飲食店の利益率を上げるためのデータ分析にはスマレジが効果的

手間をかけず簡単に、しかも高いクオリティのデータ管理をするなら「スマレジ」が便利です。

スマレジとは、売上分析、在庫管理、スタッフ管理などを誰でも簡単な操作で出来るタブレット型のPOSレジです。

タブレット型POSレジ

iPadやiPhoneアプリを使用するので、従来のPOSレジとは違い高価な専門機器もいりません。

初期費用不要で月額料金も0円から始められるため、気軽に導入できると利用者数が急増しています。(2022年7月時点 115,000店舗突破)

難しいデータ管理が簡単にできて、しかも無料で始められる。
飲食店の利益率アップにこれほど強い味方はありません。

とはいえ、いくら無料であってもどんな内容かわからないものを導入するのは避けるべきです。
なので、まずは「3分でわかるスマレジ」をダウンロードして内容を確認し導入するかどうかを判断してみてください。

>「スマレジ」の導入方法や活用事例について、もっと詳しく知りたい方はこちら

くらしを提案