営業許可取得のための期間と費用

飲食店の営業許可を取得するまでの期間と費用

営業許可証を取得するまでの期間

申請から営業開始までは、自治体によっても異なりますがおおよそ2週間~3週間かかります。

施設検査時に不備があれば期間は長くなるので早めに申請しておくのがオススメです。

営業許可証の申請料

自治体により異なりますが、営業許可申請料はおおよそ16,000円~19,000円です。

例えば、東京都新宿区の飲食店営業申請料は18,300円です。

営業許可証の「有効期限」と「期限切れの罰則」

営業許可証の有効期限

営業許可証は1度取れば永遠…というわけではなく有効期限があります。

業種により異なりますが5年~8年です。

期限切れのまま営業を続けてしまった場合、重い罰則があります。

無許可営業の罰則

2年以下の懲役または200万円以下の罰金」と厳しい罰則があるので、営業許可証の更新は必ず行うようにしてください。

ちなみに、有効期限が切れてしまった場合、新たに営業許可申請を行う必要があります。

以上で、飲食店の営業許可証を取るために必要な事や注意点は終わりです。

ここからは、飲食店を経営するなら絶対に知っておくべき売上管理について紹介していきます。

あなたのお店は大丈夫?売上アップのための「正しい売上管理」

飲食店の正しい売上管理

「売上管理」といっても、ただ売上を数えるわけではありません。

商品別、顧客別、曜日別、時間・日・月単位などの売上げをデータ化します。
データ化することにより、収益性の高いメニューや顧客売上げが高い時間帯や曜日などが明確になり、効率の良い飲食店経営が出来るようになります。

こういった情報を把握しているかいないかで、飲食店の売上げや利益率は大きく変わると言われています。

正しい売上管理が出来ている繁盛店

データ化し、正しい売上管理が出来ている飲食店は、削減すべきコスト・かけるべきコストが明確で、売上げが上がり利益率も高くなります。

正しい売上管理ができていないお店

反対に、データ化せず正しい売上管理が出来ていない飲食店は経営に苦戦する傾向にあります。

とはいえ、正しい売上管理をするのは大変…

今の時代、飲食店経営と売上管理のデータ化は切っても切れない関係にあります。

ただ、売上げを管理して様々なデータを導きだすのは時間と労力がかかってしまうのも事実です。

かなりの負担になるため、特に個人経営のお店だと自力でデータ管理するのは不可能に近いと言われています。

うちは個人経営だから諦めるしかないのかな…

いえ、大丈夫です!

これから紹介する方法を利用すれば、誰でも簡単に正しい売上管理が可能になります。

売上アップのためのデータ管理には「スマレジ」が便利

手間をかけず簡単に、しかも高いクオリティの売上管理をするなら「スマレジ」が便利です。

スマレジとは、売上分析、在庫管理、スタッフ管理などを誰でも簡単な操作で出来るタブレット型のPOSレジです。

iPadやiPhoneアプリを使用するので、従来のPOSレジとは違い高価な専門機器もいりません。

初期費用不要で月額料金も無料で始められるため、気軽に導入できると利用者数が急増しています。(2022年7月時点 115,000店舗突破)

難しいデータ管理が簡単にできて、しかも無料で始められる。
飲食店経営にこれほど強い味方はありません。

とはいえ、いくら無料でもどんな内容かわからないものを導入できませんよね。

なので、まずは「3分でわかるスマレジ」をダウンロードして内容を確認し導入するかどうかを判断してみてください。

くらしを提案