元一流プロ野球選手が監修|初心者でも劇的にノックがうまくなる上達法

本ページはプロモーションが含まれています

野球のノックが上達する方法

「キャッチャーフライが打てない」
「外野フライを打ちたいのにボールが外野まで飛ばない」
「思うようにノックが打てず子供に馬鹿にされてしまう」

野球チームのコーチをやることになったはいいものの、ノックができずに困っている…

野球のノックがこんなにも難しいものとは思ってもいなかった、とお困りではないでしょうか?

ノックはバッティングと違い、ただ打てばいいというものではありません。

単に芯を打つだけなら手で投げるのと同じですし、逆スピンがなければ実践で役立つ練習にはなりません。

でも、逆スピンのノックは硬式未経験者にはハードルが高いですし、まして野球未経験者の場合だどどうやって打てばいいのか戸惑ってしまうことも多いはず。

やっぱり野球未経験だと、ノックは難しいのかな?

実は、ある3つのことを意識して練習するだけで、未経験者でも劇的にノックがうまくなるんです!

もし、とても簡単に綺麗なキャッチャーフライが打てたり、狙ったところに正確なノックが打てるようになればいいと思いませんか?

このページでは、野球未経験者でも綺麗なノックが打てるようになる、元一流プロ野球選手が監修した「野球ノック上達方法」を紹介します。

野球のノックでよくある間違い

野球のノックに対してこのような認識違いをしている人は意外と多いです。

よくある間違い

  • とにかくたくさんの数を打って練習する
  • フライを打つには体勢を斜めにして下から打つ
  • バッティングの方法をしっかり身につける
  • 遠くに飛ばしたいときは力を入れて強く打つ
  • 打球は守備が取れるか取れないかギリギリのところに出すのが理想だ

これ、実はすべて間違いです。

ノック上達のために練習は必要ですし、たくさんの数を打つのも重要です。

ただ、ノックの基本を理解していない状態で実践しても、変な癖がついてしまいますし、より下手になってしまう可能性もあります。

ノックの上達に必要なのは次の3つを意識して練習するだけ

野球が下手でも野球経験がなくても、次の3つのことを意識して練習するだけで飛躍的にノックが上手くなります。

  1. ノック特有の基本を身につける
  2. その上で練習と実践を重ねる
  3. 選手の守備力を上げるための戦略的な打ち方をマスターする

この3つだけです。

意識しないといけないことは分かりましたが、どうやって基本や戦略をマスターすればいいんですか?

元一流プロ野球選手が監修した上達法を見れば、思い通りのノックを打つのも夢じゃないですよ!

ミスターロッテ 初芝清監修の野球上達法

初芝選手は「ミスターロッテ」「幕張のファンタジスタ」とも呼ばれ、

通算成績、1732試合出場・1525安打・232本塁打・879打点と

偉大な成績を残した選手です。

初芝選手監修の野球上達法には、選手としての経験が無くてもどうやったら思い通りにノックができるか?そのコツがとてもたくさん解説されています。

>解説動画はこちら

例えば、キャッチャーフライが打てない人でも3ステップで上達させる方法

キャッチャーフライを打つコツ

ボールを〇〇するだけで速い打球を打つコツ

速いボールをノックするコツ

選手の守備力を高めるためのノックの打ち方

チームの守備がうまくなるノックのコツ

など、他にもたくさんの痒い所に手が届く素晴らしい内容です。

でも、元プロが教える内容って初心者には難しくないですか?

とても簡単で、ボテボテのゴロしか打てないような人であったとしても、バットでボールを打てさえすれば大丈夫です!

一人で練習することもできますし、決して、つらい練習ではありません。

ノック上達法を実践すれば

  • 今まで打てなかったキャッチャーフライがキレイに打てるようになる
  • 狙ったところに正確なノックが打てる
  • 子供から尊敬の眼差しが向けられる
  • 守備がうまくなりチームが強くなっている
  • 子供から「コーチのノックが変わった!」「監督のノックが変わった!」と驚かれる

もう「キャッチャーフライが打てない」「思うようにノックができない」と悩む必要はありません!

ノック特有の基本を身につけて、戦略的なノックの打ち方をマスターしてください。

\野球指導者専用/
くらしを提案